MENU

資産価値のある高耐久住宅研究ワーキング

資産価値のある高耐久住宅研究ワーキングとは

住生活基本法(平成28年3月18日)において、少子高齢化・人口減少の急速な進展による今後10年の課題が提起され、これに対する住宅ストックの視点からの政策目標として「住宅すごろくを超える新たな住宅環境システムの構築(目標4)」が謳われている。

これを受け、住団連も「住生活ビジョン(平成30年)」において、今後の取り組みとして「資産として住み継がれる良質な住宅ストック」形成のため「短命・低品質な住宅の再生産からの脱却」、「資産価値を適正に評価する新しい住宅査定方法の導入」等々の具体的な方向性を提示している。

一方、住宅品質確保法・住宅瑕疵担保履行法、並びに長期優良住宅普及促進法の制定から10年を迎え、現在それぞれの制度見直しが進められているが、近年、50~60年の超長期保証を掲げる住宅メーカーも出現しており、この動きが法制度や次期住生活基本法において適切に位置づけられる事が業界としても望ましい。

そのため、当協会資材・流通委員会に、「資産価値のある高耐久住宅研究WG」を令和元年11月に新たに設置し、住宅外皮に起因する雨漏り事故防止を確実にして長期耐用性を高めると共に「人生100年時代に適応した豊かな住生活の実現」に相応しい良質・高耐久な住宅及び関連サービスに対する知見を深め、もって会員企業の技術力向上と事業拡大に資する高高耐久システム(建材+工法)の開発を目指すものとする。

「資産価値のある高耐久住宅研究WG」の取り組み

WGには学識経験者から、主査として東海大学名誉教授・石川廣三氏、副主査として東洋大学名誉教授・土屋喬雄氏、千葉工業大学・石原沙織氏に参加頂き、リーダーにはエバー株式会社・取締役社長江原正也氏、会員企業の中でも主旨に賛同を得た、建材メーカー中心の35社(令和2年8月時点)が参加している。

 

【第1フェーズ/SWG(サブワーキング)1】

耐久性の高い住宅の普及に向けた建物外皮(屋根、外壁、サッシ、他等)の関連資料の整備充実を図りつつ、図面類、仕様書、積算内訳書その他の設計実務経験図書及び技術的根拠を得る。

【第2フェーズ/SWG2】

SW1の成果を踏まえて金融・保険など関連業界とのコラボによる維持管理・改修積立制度設計を進め、会員それぞれの営業ツール強化を目指す。

【第3フェーズ/SWG3】

中古流通・リフォーム市場の現状に対し、「市場価値・資産価値」の観点から新たな提案・提言を行う目的で宅建・鑑定など幅広い業界も交えた横断的な意見交換を実施する。

会員企業の商品紹介

会員企業の商品を紹介予定です。

ワーキング進捗状況

ワーキング資料を掲載いたします。資料の閲覧及びダウンロードをする場合はログインが必要です。

【第1回ワーキング資料】 
 ・資産価値のある高耐久住宅研究WGの設置について       【閲覧・ダウンロードにはログインが必要です】
 ・木住協 資産価値のある高耐久住宅研究WG組織図         【閲覧・ダウンロードにはログインが必要です】
 ・資産価値のある高耐久住宅研究WGメンバー          【閲覧・ダウンロードにはログインが必要です】

【第2回ワーキング資料】
 ・議事次第                          【閲覧・ダウンロードにはログインが必要です】
 ・木住協 資産価値のある高耐久住宅研究WG組織図       【閲覧・ダウンロードにはログインが必要です】
 ・従来の木造住宅外皮システムの耐久性、防災性の問題点メモ 【閲覧・ダウンロードにはログインが必要です】
 ・資産価値のある高耐久住宅研究WG成果物(第1弾)について 【閲覧・ダウンロードにはログインが必要です】
 ・資産価値のある高耐久住宅研究WGスケジュール案       【閲覧・ダウンロードにはログインが必要です】

【資産価値のある高耐久住宅研究ワーキング 勉強会】
 ・「台風被害による屋根の現状」 江原正也 氏(エバー(株)取締役社長・LLP屋根システム総合研究所 専務理事)【閲覧・ダウンロードにはログインが必要です】
木住協ご入会はこちら
ご入会はこちら