MENU

ご挨拶

(一社)日本木造住宅産業協会会長 市川 晃(いちかわ あきら)

一般社団法人日本木造住宅産業協会は1986年(昭和61年)4月に、「木造軸組工法住宅の普及と木造住宅産業の健全な発展に寄与すること」を目的に公益法人として設立されました。
以来、木造軸組工法による住宅および建築物についての技術開発、生産技術、維持管理等に関する調査研究、普及啓発を通じ、木造住宅等の性能・品質の向上に向けた種々の活動に取り組み、省令準耐火構造(木住協仕様)や1時間・2時間耐火構造(国土交通大臣認定)による木造軸組工法住宅・建築物の防耐火技術の普及、木優住宅(住宅瑕疵担保責任保険付き住宅)の普及、木造ハウジングコーディネーター資格制度による住宅業界の人材育成など、お客様に一層の安心と信頼をお届け出来るよう、会員企業向けに様々なサービスを提供しております。

一方、全国で大規模災害のリスクが高まるなか、災害時における都道府県・市との木造応急仮設住宅建設協定の締結を進めており、平時の支部活動も含め地方公共団体との連携を密にし、地域貢献にも取り組んでおります。

昨今では、世界各地で中大規模木造建築物の普及が進み、非住宅建築物にも木材需要拡大の機運は高まっています。当協会は、木の持つ可能性を十分発揮できるよう技術開発を推進し、その成果をわかりやすく会員企業に提供して参ります。また、小学生対象の「木のあるくらし」作文コンクールなどの活動を通じて、地球環境に優しくサスティナブルな素材である「木」の良さを人々に訴え、持続可能で豊かな社会の実現を目指します。

これからも、木の時代をリードする団体として、会員企業の皆様と一緒に全力で取り組んでまいります。

木住協ご入会はこちら
ご入会はこちら