日本木造住宅産業協会

(一社)日本木造住宅産業協会(略称/木住協)は、木造軸組工法住宅等の普及と健全な発展に寄与することを目的とした法人です。

お問い合せ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大
Menu
  • フォトコンクール 募集のお知らせ
  • 作文コンクール募集開始
  • 既存住宅状況調査技術者講習
  • 木造ハウジングコーディネーター
  • 1時間耐火構造・2時間耐火構造
  • 省令準耐火構造
  • 住宅瑕疵担保責任保険(木優住宅)のご案内

地震・風水害などの自然災害により被害を受けられました皆様に心から
お見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。

住まいの情報

  • キッズサイト
  • 木芽 Vol.172
  • グッドリフォーム事例集
  • 設備・建材の新商品紹介と開発秘話
  • 住まいのトレンドセミナー

会員検索

会員検索

12 次へ>> 

Date:2020.01.09

登録建築大工基幹技能者講習 受講のご案内(建築キャリアアップシステムのゴールドカードが付与されます)

 当協会は、令和元年7月2日付けで、国土交通大臣より【登録基幹技能者講習実施団体】として登録されましたので、登録建築大工基幹技能者講習を下記のとおり開催いたします。
 登録建築大工基幹技能者講習の修了者は、登録基幹技能者として認められ、経営事項審査においても評価の対象となります。また、登録基幹技能者の配置が「総合評価」の加点対象項目となっており、元請企業の「優良技能者認定制度」における認定要件として、登録基幹技能者が活用されています。加えて、平成30年4月1日より、建設業法第26条の主任技術者の要件の1つとして位置づけられ、また、建設キャリアアップシステムにおける最高位の証であるゴールドカードが付与されることになっております。

 <登録基幹技能者の資格要件>
  登録建築大工基幹技能者講習を受講するためには、次の要件を全て満たしている必要がありま  す。
   ・建築大工職種において10年以上※3の実務経験があること
   ・実務経験のうち3年以上※4の職長(棟梁)経験があること
   ・職長・安全衛生責任者教育の修了を原則(修了していなくても可)とし、次のいずれかの    資格を有していること
    (1)一級建築大工技能士
    (2)枠組壁建築技能士
    (3)一級・二級建築施工管理技士
    (4)一級・二級・木造建築士
    (5)プレハブ建築マイスター
      ※3、※4を証明する下記の実務経験証明書が必要になります

 開催日時  令和2年2月7~8日(金・土)9:00~17:00(2日間)
       (申込期限1月24日まで。(定員次第締切))
 講習会場  (一社)日本木造住宅産業協会 6階会議室
        〒106-0032 東京都港区六本木1丁目7-27 全特六本木ビル WEST棟6階
 受講料   44,000円(税込)

 講習会詳細とお申込みに関しては下記URLよりご確認ください。
 https://www.mokujukyo.or.jp/kensetsu/carpenterskill/

■ この件に関するお問い合わせ先:生産技術部 小田嶋・松澤 TEL:03-5114-3013

Date:2019.12.18

2019年度 木造ハウジングコーディネーター資格試験 合格者発表

2019年度 木造ハウジングコーディネーター資格試験の合格者が決定いたしました。
以下の合格者一覧(PDF)よりご確認ください。

 ■ 2019年度 木造ハウジングコーディネーター資格試験合格者一覧(PDF)

この件に関するお問合せ先 研修部 青木・赤坂 03-5114-3016

Date:2019.12.05

2019年度「木造ハウジングコーディネーター資格試験」の解答

Date:2019.11.11

『省エネ計算の実践講習会』開催のご案内

 この度、(一社)住宅生産団体連合会主催(木住協等の共催)で『省エネ計算の実践講習会』を開催します。
 令和元年5月17日に改正建築物省エネ法が公布され、小規模住宅については、建築士による省エネ基準への適合性評価・説明が義務化されることとなりました。この建築士による説明義務化は、令和3年4月の施行が予定されています。それまでに、設計を行う建築士はもとより、元請けとなる事業者も、省エネルギー基準と、基準に基づく設計・説明について、十分理解しておく必要があることから、今年度も講習会を企画いたしました。ぜひ、お申込みいただきたくご案内申し上げます。

 【対 象 者】工務店・設計事務所など住宅の設計・施工に携わる方
 【会場】全国18会場(北海道~宮崎まで)
 【期間】令和元年12月~令和2年2月
 【参加費】無料(講習会テキスト付)

 〇  木住協から会員各位へのご案内文 2019『省エネ計算の実践講習会』開催のご案内
 〇【住団連】2019年度_省エネ計算の実践講習会案内チラシ・FAX申込書

■ この件に関するお問い合わせ先:(一社)住宅生産団体連合会 省エネ計算の実践講習会 事務局コールセンター 03-5667-5458 平日9:00~17:00(土・日・祝日・年末年始を除く)

Date:2019.04.25

2019年度 【構造塾】開催のご案内

 「構造塾」は、2019年度より定期講座会場を全国に拡大し開催!木造住宅の安心・安全を確保するための基本性能『構造』について、この講座を通して徹底解説します。
 構造塾に入られた方は、プログラムにある全地域(27か所)・全講座、どこでも受講することができます。

【構造塾】(初級)
 ■構造講座・地盤講座 年間5回開催

  1年目は構造の基礎と地盤の基礎を学ぶ講座を行います。

 ■構造講座・地盤講座 年間5回開催
  2年目は初年度講座の応用や演習講座を行います。

 ■構造講座・地盤講座 年間5回開催
  3年目は演習より構造計算にそくした実践的な講座を行います。

「構造塾」~全国開催~ オンライン申込システム

■この件に関するお問い合わせ先:木住協 事業推進部 黒沼・松澤 TEL:03-5114-3017

Date:2018.09.26

平成30年度 建築物省エネ法に関する講習会 満席のお知らせ

外皮面積を用いずに外皮性能・一次エネルギーを評価できる!建築物省エネ法に関する講習会につてご案内しておりますが、10/30東京、11/27福岡、12/6東京、12/11大阪、1/18愛媛が満席になりましたので、申込を終了させていただきます。よろしくお願い申し上げます。

この件に関するお問い合わせ先:事業推進部 黒沼・松澤 TEL:03-5114-3017

Date:2018.08.30

木造耐火講習会のお知らせ

 告示による耐火建築物を検討している方にもお勧めできる木造軸組み工法による耐火建築物設計マニュアル講習会(1時間耐火構造)のお知らせです。
 木住協の大臣認定仕様の解説のみならず、平成30年3月に公布された耐火構造に関する改正告示との比較や耐火被覆材の留め付け方法、貫通部やサッシ等の開口部の納まり等についても解説します。木住協の会員でなくても受講することができます。

 ● 木造耐火講習会のお知らせ(PDF)

Date:2018.05.14

準耐火間仕切壁大臣認定の頒布について

 準耐火間仕切壁大臣認定を、木住協名で6認定取得しました。これらは、大臣認定不適合施工の施工仕様の性能確認是正に使用する目的の取得でしたが、既存の準耐火間仕切壁大臣認定より使い勝手が良いと思われますので、新規物件にも使えるよう大臣認定書(写し)を、会員会社の中で頒布することになりました。

 ■ 準耐火間仕切壁大臣認定の概要(PDF)
 ■ 45分準耐火間仕切壁大臣認定書(写し)①(PDF)
 ■ 45分準耐火間仕切壁大臣認定書(写し)②(PDF)
 ■ 45分準耐火間仕切壁大臣認定書(写し)③(PDF)
 ■ 45分準耐火間仕切壁大臣認定書(写し)④(PDF)
 ■ 60分準耐火間仕切壁大臣認定書(写し)⑤(PDF)
 ■ 60分準耐火間仕切壁大臣認定書(写し)⑤(PDF)

 

Date:2018.04.24

【会員限定】無料法律相談サービスの開始について

 建設業界専門の弁護士としてお馴染みの秋野卓生弁講師が率いる匠総合法律事務所の弁護士が、当協会会員向けに面接・電話・Eメール・FAXによる無料法律相談を実施いたします。無料法律相談の申込は、下記の申込書にご記入の上FAXにてお申し込みください。

 ■ 無料法律相談申込書

<この件に関する問合せ先 総務部/03-5114-3011>

Date:2017.02.22

第12弾 リフォーム最前線を掲載しました

12 次へ>>