日本木造住宅産業協会

(一社)日本木造住宅産業協会(略称/木住協)は、木造軸組工法住宅等の普及と健全な発展に寄与することを目的とした法人です。

お問い合せ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大
Menu
  • 作文コンクール
  • 1時間耐火構造・2時間耐火構造
  • 省令準耐火構造
  • 面材耐力壁の大臣認定取得について
  • 既存住宅状況調査技術者講習
  • 木住協リフォーム支援制度
  • 長期優良住宅リフォーム推進事業におけるインスペクター
  • 木造ハウジングコーディネーター
  • 住宅瑕疵担保責任保険(木優住宅)のご案内
  • 木住協工事総合保険のご案内
  • 耐震診断
  • 建設副産物

このたびの北海道 胆振地方中東部を震源とする地震、台風21号、平成30年7月の豪雨および
大阪府北部の地震により被害を受けられました皆さまに心からお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を心からお祈りいたします。

一般社団法人 日本木造住宅産業協会 令和元年度 定時総会開催ならびに懇親パーティー

日時令和元年 5月30日(木)
場所明治記念館 (東京都港区元赤坂2-2-23 TEL:03-3403-1171)
  時間 場所
定時総会 14:00〜15:00 ※受付開始 13:00〜 2階「蓬莱の間」
表彰式 15:10〜15:40 2階「蓬莱の間」
理事会 15:50〜16:10 1階「鶴亀の間」
懇親パーティー 17:00〜18:30 ※受付開始 16:30〜 2階「富士の間」

議決権行使書面について 【 こちらをクリックしてください。

議案 第1号議案 平成30年度事業報告に関する件
第2号議案 平成30年度収支決算に関する件
第3号議案 役員の選任に関する件
総会参考資料

※当日はクールビズでお越しください。

※お問合せ先:(一社)日本木造住宅産業協会 総務部 TEL:03-5114-3011

住まいの情報

  • キッズサイト
  • 木芽 Vol.164
  • グッドリフォーム事例集
  • 設備・建材の新商品紹介と開発秘話
  • 住まいのトレンドセミナー
  • ものづくり勉強会

NEWS

Date:2019.05.14

2019年度(一社)住宅生産団体連合会・(一社)日本木造住宅産業協会合同 海外視察研修会のご案内

 当協会はこの度、(一社)住宅生産団体連合会と合同で欧州住宅視察を企画しました。
ノルウェー住宅関係団体との意見交換や2019年4月現在世界で最も高い木造建築であるMjøstårnet(ミョーストルネット)の見学や、イギリスのウェールズ政府協力のもとアクティブ住宅研究所を訪問し、脱炭素・エネルギーの効率化に向けた住宅の取組み等に関する意見交換や総戸数2万戸を超える住宅供給を想定する新規分譲計画並びに現場視察等、ロンドンにおいても特徴的な建築物等の視察を予定しております。
 是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。詳細については以下「2019年度 海外視察研修会パンフレット(PDF)」をご覧ください。
 1.日  程   2019年9月8日(日)-9月14日(土) 5泊7日(機中1泊)
 2.視 察 先   ノルウェー(オスロ) イギリス(ウエールズ/ロンドン)
 3.募集人員   30名(最少催行人数25名)
 4.申込締切   2019年度海外視察研修会参加申込書」を6月27日(木)までに西武トラベル担当者宛に郵送にてお申込みください。

 〇 2019年度 海外視察研修会パンフレット(PDF)
 〇 2019年度 海外視察研修会参加申込書(Excel)

■ この件に関するお問合せ先:総務部 佐々木 TEL:03-5114-3011

Date:2019.05.08

平成30年度分(2018年度分) 着工動向等のアンケート調査(木住協自主統計)ご協力のお願い

 当協会では、1種正会員各位を対象に、昨年度に引き続き30回目となる平成30年度分(2018年度分)(平成30年度4月1日~平成31年度3月31日)の「着工動向等のアンケート調査」を実施いたしますのでご協力をお願いいたします。詳細は以下をご覧ください。
 〇「着工動向等のアンケート調査(木住協自主統計)」ご協力のお願い(PDF)
 〇平成30年度分「一戸建て住宅の着工動向等アンケート」 回答用紙1/2 (Excel)
 〇平成30年分「共同住宅の着工動向等アンケート」 回答用紙2/2(Excel)

 ■この件に関するお問合せ先:業務・広報部 森・赤坂(03-5114-3015)

Date:2019.04.03

2019年度 富士教育訓練センター 木造大工及び工事管理者初級(木住協 推奨コース)のご案内

 富士訓練教育訓練センターにて、【木造大工及び工事管理者初級(木住協 推奨コース)】を以下の内容で実施いたします。お申込みは、別添『受講申込書』にご記入のうえ、記載のFAX番号(0544-52-1336)に送信をお願い申し上げます。

 概要:木造軸組住宅の工事概要、建て方施工法及び金物・工具類の取扱い、安全作業法につい 
               て、基礎的な技術・技能を学ぶ。
     ※対象 初級者(実務経験0~5年) ※人数15名 ※訓練日数 15日間
 日程:2019年12月2日(月)~12月19日(木)
 受講費用:合計 389,758円/人

 〇2019年 富士教育訓練校パンフレット(PDF)

 〇2019年 富士教育訓練校受講申込書(PDF) 


■この件に関するお問合わ先:生産技術部 小田嶋・松澤 TEL:03-5114-3013

Date:2019.04.01

省令準耐火構造特記仕様書(木住協仕様)の販売について

 4月より「省令準耐火構造特記仕様書(木住協仕様)」の販売価格が変更となりました。それに伴い、申込用紙を変更いたしましたので、下記「申込用紙」をご利用ください。

  〇 省令準耐火構造特記仕様書(木住協仕様)申込用紙(PDF)

 ■ この件に関するお問合せ先:研修部 赤坂 TEL:03-5114-3016

RSSリーダーに追加していただければ、タイムリーに情報をGETできます!
RSSリーダー登録はこちら

1234 次へ>> 

Date:2019.05.08

『木造軸組工法住宅 施工管理チェックポイントマニュアルの解説』セミナー開催について

 本講習会は、発刊後わずか3ヶ月で1000冊を売り上げたという、記録的人気の書籍『木造軸組工法住宅 施工管理チェックポイントマニュアル』をテキストに、従前からの方針に沿いつつ最新の施工現場の写真を豊富に揃え、画像を映しながら、施工現場でのチェックポイント、注意点、実績のある講師の経験話等を解説します。今年、現場に携わるようになった新人教育の入門として、またベテランの管理者や設計者の方々におかれても現場管理のポイントを再確認いただけると思います。施工管理のスキルアップの一助となれば幸いです。是非、奮ってご参加ください。

『施工管理チェックポイントマニュアル』の解説と『自然災害への備え』の講演会講習会オンライ申込システム

Date:2019.04.25

『雨仕舞の施工実技講習』実践編 デュポンタイベック 『マスタースペシャリスト』 セミナー

 『雨仕舞の施工実技講習』実践編では、より実務や設計に役立つ「水の動き方とその対処方法(Water Management)」、「防水テープの働きとその効用(Adhesive effect)」という、従来のマスターセミナーではお伝えしていない内容を、皆様にお届けします。
 会場は、旭・デュポン フラッシュパン プロダクツ(株)ビルディングナレッジセンターとなり、ここでしか見ることが出来ない実験設備や屋外暴露試験場などの見学が出来ます。又、模擬躯体を用いた施工体験やディスカッションを行えるようなプログラムを提供します。

 施工者、設計者、現場管理者の皆様、奮ってのご参加をお待ちしております。

『雨仕舞の施工実技講習』実践編 デュポンタイベック 『マスタースペシャリスト』オンライン申込システム

■この件に関するお問い合わせ先:木住協 事業推進部 黒沼・松澤 TEL:03-5114-3017

 

Date:2019.04.25

2019年度 【構造塾】開催のご案内

 「構造塾」は、2019年度より定期講座会場を全国に拡大し開催!木造住宅の安心・安全を確保するための基本性能『構造』について、この講座を通して徹底解説します。
 構造塾に入られた方は、プログラムにある全地域(27か所)・全講座、どこでも受講することができます。

【構造塾】(初級)
 ■構造講座・地盤講座 年間5回開催

  1年目は構造の基礎と地盤の基礎を学ぶ講座を行います。

 ■構造講座・地盤講座 年間5回開催
  2年目は初年度講座の応用や演習講座を行います。

 ■構造講座・地盤講座 年間5回開催
  3年目は演習より構造計算にそくした実践的な講座を行います。

「構造塾」~全国開催~ オンライン申込システム

■この件に関するお問い合わせ先:木住協 事業推進部 黒沼・松澤 TEL:03-5114-3017

Date:2019.03.20

木住協耐震診断プログラム2012 プログラム評価期限満了に関するお知らせ

木住協耐震診断プログラムをご活用いただきありがとうございます。木住協耐震診断プログラム2012は「Verl.3」として、(一財)日本建築防災協会の木造住宅耐震診断プログラム評価の期限満了に伴う審査を終了し、近日中に評価報告書が交付される予定です。評価報告書の交付後、更新内容の概要とバージョンアップ方法についてメールにてご案内いたします。内容をご確認いただきバージョンアップ対応をお願いいたします。詳細は以下添付PDFをご覧ください。

 木住協耐震診断プログラム2012 プログラム評価期限満了に関するお知らせ(PDF)

 ■この件に関するお問合せ先 技術開発部 高橋・細野 TEL:03-5114-3012

Date:2019.03.01

大阪府との木造応急仮設住宅の建設に関する協定締結について

 (一社)日本木造住宅産業協会は平成31年2月28日、災害救助法の規定する応急仮設住宅についての建設協定を大阪府との間で締結いたしましたのでお知らせいたします。
 詳細は以下PDFをご覧ください。

 ■ 大阪府との木造応急仮設住宅の建設に関する協定締結について(PDF)

Date:2019.02.20

2019年度【上期4月~9月】住宅瑕疵担保責任保険(まもりすまい保険)木造住宅事故事例及び 雨仕舞の施工実技講習・デュポンタイベックマスター資格セミナー共催のご案内

 戸建木造住宅の保証事故の93%が雨漏りとなっています。
雨漏りの事故原因No.1は、取り合い部からの雨水侵入。これを防ぐために重要な「雨仕舞」、その要となるのが防水紙や防水テープによる防水・止水措置です。 本セミナーは、住宅保証機構㈱が木造住宅事故事例を説明したうえで、タイベックとして有名な防水紙メーカである旭・デュポンフラッシュスパンプロダクツ(株)と共催にて、模擬棟やアクリル模型を使い、実際に防水紙・防水テープの施工のディテールを体験し、学ぶ事ができる内容です。現場の品質・施工精度の向上、2次防水への意識改革とレベルアップにつながるカリキュラムとなっております。現場の方のみならず、設計者の方もふるってご参加ください。

 ■ 2019年度【上期4月~9月】住宅瑕疵担保責任保険(まもりすまい保険)木造住宅事故事例及び  雨仕舞の施工実技講習・デュポンタイベックマスター資格セミナー共催オンライ申込みシステム

この件に関するお問合せ先:木住協 事業推進部 黒沼・松澤(TEL03-5114-3017

Date:2019.01.23

平成30年度『木造ハウジングコーディネーター』更新講習 WEB講習

 平成30年度『木造ハウジングコーディネーター』更新講習 WEB講習の申込受付を開始しました。
 お申込は下記の【講習会オンライン申込システム】からとなります。

平成30年度『木造ハウジングコーディネーター』更新講習 WEB講習 オンライン申込システム

この件に関するお問合せ先 研修部 青木・赤坂/TEL:03-5114-3016

Date:2018.12.11

木造住宅不具合実証実験セミナー開催のご案内

今年度の『木造住宅不具合実証実験セミナー』は、2人の講師(東京都市大学 工学部建築学科 教授 大橋好光 氏と東海大学 名誉教授 藤井 衛 氏)をお招きし、7会場にて①実証実験結果と②③の題目でセミナーを開催いたします。

品質管理責任が問われる今、事故を起こさないための工夫や、事故を起こしてしまった後の対応等が重要であると思われます。特に瑕疵保険検査を実施いただいております木造住宅検査員方々には、ぜひ、このセミナーにご参加いただき、業務にお役立ていただければ幸いと存じます。セミナーの詳細及びお申し込みは以下「講習会オンライン申込システム」よりお願いいたします。

1部 ①『外装サイディングの耐震余力に関する実験(実証実験結果)』(講師:大橋教授)

 第2部 ②『告示1100号を読み解く 木造住宅の耐震性能』(講師:大橋教授)

 第3部 ③『裁判事例から学ぶ基礎設計』(講師:藤井教授)

■ 木造住宅不具合実証実験セミナー講習会オンライン申込システム


この件に関するお問合せ先:事業推進部 黒沼・松澤 TEL03-5114-3017

Date:2018.12.06

平成30年度「木造ハウジングコーディネーター資格試験」解答のご案内

 平成30年12月5日開催「木造ハウジングコーディネーター資格試験」解答を、木造ハウジングコーディネーターページの最新情報欄に掲載致しました。
 下記よりご確認ください。

平成30年度 木造ハウジングコーディネーター資格試験 解答掲載ページ

この件に関してのお問合せ 研修部 青木・赤坂/TEL:03-5114-3016

Date:2018.09.26

平成30年度 建築物省エネ法に関する講習会 満席のお知らせ

外皮面積を用いずに外皮性能・一次エネルギーを評価できる!建築物省エネ法に関する講習会につてご案内しておりますが、10/30東京、11/27福岡、12/6東京、12/11大阪、1/18愛媛が満席になりましたので、申込を終了させていただきます。よろしくお願い申し上げます。

この件に関するお問い合わせ先:事業推進部 黒沼・松澤 TEL:03-5114-3017

1234 次へ>>