MENU
お知らせ 2020.02.17

「建築基準法の一部を改正する法律」(2019年6月25日施行)【建築物の防・耐火構造における改正の概要】解説資料の公開

 昨年6月に施行された改正建築基準法において、建築物の防・耐火構造における改正の要点を図解で分かりやすくまとめた資料を会員向けに公開します。ID・PWを入力してダウンロードしていただき、ご活用ください。

 建築基準法の一部を改正する法律(平成30年法律第67号)が2019年6月25日に施行されました。改正の柱は①「建築物・市街地の安全性の確保」、②「既存建築ストックの利活用促進に向けた合理化」、③「木造建築物等に係る制限の合理化」で、木造建築を建て易くする一連の法改正の集大成になっており、木造の可能性拡大に繋がることが期待されます。
 木住協では、「木造建築物の防・耐火構造における改正基準法の活用セミナー」を開催し、多くの方に受講いただき好評を博しました。すでに閉講したため、今般、会員向けにセミナーテキストを再編集し、改正の要点(2020年1月時点)をまとめました。法の条項により建物用途・規模・地域別に要求仕様を図解しています。
 なお、2019年6月25日時点では、告示が未制定な内容もありますが、国土交通省では、現在も施行令の一部改正や告示の制定・改正について継続検討中で、パブリックコメントを募集しています。適宜、国土交通省のホームページをご確認いただくことをお勧めします。
 

「建築基準法の一部を改正する法律」(2019年6月25日施行)【建築物の防・耐火構造における改正の概要】解説資料

お問い合わせこちらのニュースに関するお問い合わせは、下記になります。

(一社)日本木造住宅産業協会
〒106-0032 東京都港区六本木1-7-27 全特六本木ビル WEST棟2階
TEL:03-5114-3010(代表)
FAX:03-5114-3020
木住協ご入会はこちら
ご入会はこちら