日本木造住宅産業協会

(一社)日本木造住宅産業協会(略称/木住協)は、木造軸組工法住宅等の普及と健全な発展に寄与することを目的とした法人です。

お問い合せ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大
Menu
技術開発部:TLE 03-5114-3012

1時間耐火構造・2時間耐火構造

主要構造部以外の部分の1時間耐火構造に係わる納まり

(一財)日本建築センター発行の「木造建築物の防・耐火設計マニュアル -大規模木造を中心として-」では、バルコニー・軒裏・最下階の床等の仕様や、開口部・防火区画貫通部等の仕様についての考え方が例示され、これらを踏まえ、木住協の「木造軸組工法による耐火建築物設計マニュアル(第6版)<本編>」でもこれらの納まりの例示として整理しています。
これらの例示は概念を示すものであり、具体的な納まり図でないことから、木住協では、外壁開口部(サッシ・ドア)周囲や最下階の床の耐火被覆仕様の合理化を目指して、性能確認試験を実施し、納まりの検討を行いました。

①外壁開口部(サッシ・ドア)周囲の仕様

木住協会員企業のサッシメーカー各社の協力の下、外壁開口部(サッシ・ドア)周囲の納まり参考図、および開口部の1時間耐火構造の性能を有する仕様の概要図をまとめました。

別添:木造軸組工法による耐火建築物の開口部(サッシ・ドア)納まり参考図

別添:木造軸組工法による1時間耐火性能を有する開口部周囲の仕様例

②最下階の床における耐火被覆の仕様

最下階の床は、法令上主要構造部ではありませんが、土台や大引等が燃焼して壁内部に延焼して建物火災とならないようにする必要があります。
マニュアルで例示したパターンの中で、施工性を考慮した納まりについて検討し、1時間耐火構造の性能を有する仕様の概要図をまとめました。

別添:木造軸組工法による耐火建築物の最下階の床上面を耐火被覆する仕様例

運用を含む詳細仕様については、「木造軸組工法による耐火建築物設計マニュアル講習会」にて説明します。また、大臣認定書(写し)発行時に資料を同梱してお送りします。
なお、設計マニュアル講習会受講登録者で資料をご希望される方にはお送りしますので、登録番号を明示して事務局まで請求してください。

ページのトップに戻る