日本木造住宅産業協会

(一社)日本木造住宅産業協会(略称/木住協)は、木造軸組工法住宅等の普及と健全な発展に寄与することを目的とした法人です。

お問い合せ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大
Menu

建設関連

既存住宅状況調査技術者講習

  • 平成20年度 既存住宅状況調査技術者講習のご案内
  • 合格基準・合格者の検索
  • 懲戒処分等について
  • ご相談窓口
  • Q&A
  • 帳票類等のダウンロード
生産技術部:03-5114-3013
既存住宅状況調査技術者の検索

平成29年度 既存住宅状況調査技術者講習会のご案内

当協会は、『既存住宅状況調査技術者講習』を新規・移行の同時開催で全国にて行っています。
平成30年4月に既存住宅の売買における宅建業法の改正があります。
内容は既存建物取引時の、重要事項説明においてインスペクションを実施したかどうかの説明の義務を負うことになります。このインスペクションを行えるのが、「既存住宅状況調査技術者」です。

受講対象者について

※施工管理技士の資格による登録の方は対象外となります。

※受講に関して建築士事務所登録の有無は問いませんが、宅地建物取引業法における建物状況調査業務を行うにあたっては建築士事務所登録が必要となります。

※既存住宅状況調査技術者講習修了考査に合格した方は、当協会ホームページの【既存住宅状況調査技術者】に、氏名、勤務先名称、所在地及び電話番号、有する資格を公表します。

ご提供いただきました個人情報は、当協会ホームページに掲載する【個人情報の取扱いについて】にて適切な保護に努めます。

  • 新規講習について
  • 移行講習について
ページのトップに戻る