日本木造住宅産業協会

(一社)日本木造住宅産業協会(略称/木住協)は、木造軸組工法住宅等の普及と健全な発展に寄与することを目的とした法人です。

お問い合せ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大
Menu

住まいの情報

【4 住まいの情報】メニューに戻る

一覧に戻る

頑張る会員企業訪問記

日本の気候風土には木造住宅

日本には四季があります。また高温多湿です。そんな日本の気候風土に一番合うのは木造軸組工法住宅。
素材である「木」の特性から、調湿性や吸音性に優れ、地球環境や人の健康にもやさしいのが最大の特徴です。
そこで、木住協の機関誌「木芽」に掲載している頑張る会員企業訪問記を紹介します。

先駆的取り組みと地域密着でかなえる東北で愛される『あったかい家』(株式会社 菅原工務店)

代表取締役:菅原 順一 氏

創業40周年を迎え、地元で頼れる存在として活躍し続ける菅原工務店。先代の創業社長が目指した自然のチカラを活かして、あったかく長持ちするエアサイクルの家。その後、現社長を中心に時代のニーズよりいち早く手がけたオール電化住宅やソーラー発電の普及。それらは、単に地元で他社より一歩も二歩も先に手掛けたというタイミングだけが勝因だったのだろうか?

そこには、東北という土地で地元の人が本当に安心で快適に暮らせる『喜ばれる家』をシンプルに追求したからこそつかめたタイミング、出会うことのできた技術があった。そしてさらに住宅スペックの全体的な高度化が進む世の中で、『喜ばれる家』『愛される企業』であるために菅原工務店が進む道とは…。40年という長きわたって信頼を勝ち得る同社の軌跡を追ってみた。

時代に先駆けた「エアサイクルの家」

東北で暮らすために必要な、住まう人を心地よく包みこむ「あったかい家」。 そのニーズに応え続け、創業40周年の実績を持つ菅原工務店は、地元ではすでに「省エネで住む人にあったかい家」の代名詞となっている。 創業者である初代社長が職人として木工事の下請け事業から始めたという同社。今も受け継ぐ「あったかい家」を実現する高性能な住まいへのこだわりは、創業当時から続くものだ。そのこだわりを生むきっかけとなったのは、前社長が独立前に職人として、住まいの建て替えやリフォームのための解体現場でたびたび目にした光景だった。そこには、長年湿気にさらされ、カビくさく老朽化した構造躯体の姿が。これでは住まいが長持ちするはずもなく、省エネ性能や気密性能を発揮できるわけもない。人生の大半を過ごすはずの住宅の中身が、このような状態では、そこに暮らす人の健康にだって影響がないわけがないと胸を痛めた。
こうした現状を打開したいという想いを抱えたまま独立後数年たったある時、画期的な工法に出会う。当時まだ新工法だった『エアサイクル工法』だ。この工法では、構造内に通気層を設け、これまでとじこめられていた壁体内や小屋裏の空気を動かすことができた。
当時はまだまだ新しい工法で、知名度も普及率も低かったものの、この工法なら上手く自然を活かして住まいを長持ちさせることができると考え、即刻採用するに至った。
以来、他社に先駆けて「エアサイクルの家」を数多く手がけ、地元ではエアサイクル工法と言えば菅原工務店というイメージが確立され、まずは念願だった自然のチカラを活かした、長持ちする家を実現したのである。

キーワードは『太陽』

エアサイクルの家を確立した菅原工務店が次に手掛けたのがオール電化の家である。今から17、8年程前のことだというから、こちらもかなり時代に先駆けた取り組みだったと言える。

東北地方の家では暖房機器が活躍する期間は長く、半年以上にわたって使用される。その寒冷地の環境の中で喜ばれる家を考えるとき、快適性と暖かさは切り離せない。つまり暖房効率が重要になってくる。さらに省エネ性や光熱費の問題も考慮してオール電化の家が有効だと考えたのである。長持ちする家、暮らす人の健康を妨げない家、そして東北の家に相応しい暖かい家。エアサイクル工法もオール電化の家も、地元エリアでお客様に喜んでもらえる住まいの形をシンプルに突き詰めた結果、必要な技術だったのである。さらに外断熱の自社工法も開発。現在の主力商品として成長してきました。

そして、次に必要となった技術がソーラー発電。オール電化の家が的に元手がただのクリーンエネルギーである降り注ぐ太陽の力で自給自足ができれば理想的だと考えたのだ。こちらも13年程前には本格的な事業として取組み始めた。さらに、この取り組みには、地元で信頼される工務店としての大きな責任感が込められていたと菅原社長は語る。

「当時、ソーラー発電の販売会社は立ち上げても長く続かないところが多く、信頼できるかわからない訪問販売の会社なども数多くありました。手荒な販売方法の業者もたくさんあり、そうした中でせめて自社のOBだけでも守りたいという想いが強かったんです。ですから、しっかりとしたルートとサービスでソーラー発電を地元の方々に提供できるよう、独立した事業部をたちあげてソーラー発電販売を手掛けることになりました。」
地元で愛され喜ばれる家をシンプルに追求した結果、太陽や風といった自然のチカラをいかす家づくりに、太陽のエネルギーを使って電気をつくるソーラー発電と、気が付けば『太陽』が菅原工務店の事業の大きなキーワードとなっていたのである。

ソーラー発電から広がる世界

菅原社長が家業を継ぎ、同社に入社してから2,3年ほどたったころだった。まだ社歴は浅いものの中心的存在となってこの事業を軌道に乗せる役割を課せられていた。今でこそソーラー発電や自家発電と言ったキーワードが当たり前のようになっているが、当時は採算が合わない、まともに売っても売れないと、あきらめて手を引く業者も多かったという。そんな中、10年程前には京セラのフランチャイズという形で事業を本格化。5年程前には仙台市にあるショッピングモール『イオン』にソーラー発電の専門店を出店。京セラのフランチャイズという形で運営を始めた。工務店の中でソーラー発電も取り扱えるということではなく、敢えて興味のある人に振り向いてもらえるよう『専門店』の形をとった。

「出展エリアは仙台の割と高級層のエリア。お客さんは訪問販売で突然やってくる業者よりも、自分のタイミングで店舗に足を運び、きちんと吟味して買いたいという人が多かったんです。そういう客層に対して訴求するのに専門店の形はメリットとなり、4-5年まえから需要が徐々に増え、特に震災後はエネルギー関連に興味を示す人が急増したこともあって来客数もかなり伸びました。」

それでも出店当時はソーラーの専門店は他にはなく、需要もほとんどなかった。注文住宅の受注とはまた違った世界に試行錯誤する日々が当面は続いたという。
「展示場やショールームで待っていればお客様がきてくれるという感覚の強い住宅の世界と違って、ソーラー発電は黙っていたら誰も興味を示さない、存在すら知らない人が多い時期でした。そんな中での試行錯誤の経験は今でも生かされていると思います。」
また、顧客獲得のハードルは高かったが、いい客層との出会いにつながったことも大きな財産となった。
「新築需要が今後下火傾向という中で、ソーラー発電の需要は伸びていきますし、そこで出会ったお客様のストックが、後々リフォーム顧客へとつながっていくと思いました。」

『あったかい家』地域とのつながり

創業以来、菅原工務店が他社に先駆けて取り組んできた『あったかい家』だが、住宅スペックの全体的な向上により今や差別化にはならなくなってきたと菅原社長は語る。そこで、同社では原点に立ち返り、意外な活動を強化している。それは、創業以来続けてきたOBとの関係強化や地域貢献活動である。

例えば、OB客を招いての感謝祭を兼ねた大バーベキュー大会や、地域の小中学生に向けた職場体験の強力、ショールームを一般公開して行うカルチャー教室等その活動は多岐にわたる。
「地元で長く企業活動を続けさせてもらっていれば、いつかは地域貢献の役割をはたさなくてはいけない時が来ると思うんです。創業社長の代では、とにかくいい家を追求し、会社自体も大きくするということに注力してきました。私の代では、OBのお客様や地域の方々と自然にふれあえる仕組みをつくり、その仕組みの中で少しでも会社を知ってもらえるようにアピールしていければと思っています。」
住宅のスペックとしては、地元で常に他社に先駆けた最先端の技術と高性能を追求しながら、一方では非常にアナログな人と人のつながりや、絆を大切にするという両方のベクトルに向かって菅原工務店は邁進している。その2つの方向性ですでにある程度の実績を築いたと言える菅原社長に今後の展開を尋ねてみた。

「今後は仙台エリア等に進出することも考えてもう少しコンパクトな核家族向けの商品展開もしていきたいです。暖房システムや省エネ換気のシステム等もようやく出そろった感じがあるので、自分たちがいいと思う家を商品として打ち出したいですね。また、住宅に求められる性能の基準値が年々高度化していく中で、お客様の予算の中で、性能も質感も落とさず建てるという問題をクリアするために、家自体や部屋の大きさをやや抑えて、その分、質感を高めたり、設備機器に予算をかけたりという家づくりも試験的に行っています。」

※協会機関誌「木芽」2015年秋号(Vol.157)より転載

ピカイチ社員

部長兼設計室長 加藤 光一 氏

部長兼設計室長 加藤 光一 氏Q.担当している仕事内容は?
もともと設計担当として入社し、現社長が就任した時に営業設計としてフロントに立つようになりました。
普段は展示場に来場されたお客様の接客からスタートし、ご要望をヒアリングしたうえでプランニングまでを行います。

Q.印象的だったお客様は?
特に印象的だったのは今月引渡ししたばかりのお客様です。とてもスムーズに家づくりが進行して、地鎮祭を行って以降、一度も現場をご覧になることがありませんでした。TV番組の演出のように、途中のプロセスにはノータッチで完成した家を新鮮な気持ちで見て感動したいというのがお客様のご要望で、あえて一度も現場には訪れないようにしていらっしゃいました。住宅についてかなり勉強されていて、打合せの内容から家の形をイメージするのが得意なお客様だったからできた事かもしれませんが、私としても信頼されているという喜びとプレッシャーを感じた初めての体験でした。完成後の現場見学会で施主さまも見学者の方達と一緒に初めて自分の家をご覧になって、『ここに住めるなんて』と大変感動しておられたのが印象的でした。

Q.普段心がけていることは?
お客様の要望を聞いて、自分だったらこの方が使いやすいという想いを伝えるようにしています。住み続けて満足感が長く続くような家づくりできればと心掛けています。また、創業40年以上経ち、このエリアの住まいのことなら菅原工務店があるという信頼感を得ていると思います。
その信頼におんぶに甘んじることのないよう、温かい家、安心できる家を当たり前に提供できるように心がけていきたいと思います。

菅原工務店のこだわりPOINT

「太陽」をキーワードに、あたたかく長持ちする家、クリーンエネルギーの活用を

社長のひとこと

この地域で末永く喜ばれる住まいとは「あたたかい家」だと考え、一貫して省エネでエコロジーな住まいをお届けしてきました。基本となる耐震性や構造などの住宅性能はもちろんですが、お客様のライフスタイルにピッタリの住まいを自由設計でとことんカタチにしたいと思っています。

会社概要

社名

株式会社 菅原工務店

代表取締役

菅原 順一

本社

宮城県大崎市古川旭1丁10-24

電話

0120-073-670

FAX

0270-40-0741

会社沿革

昭和47年

菅原工務店開設

平成4年

エアサイクル工法FACT-P加盟

平成9年

株式会社菅原工務店に組織変更

平成12年

エアサイクル住宅100棟達成

平成13年

太陽光発電事業部を設立

平成25年

「おおさきメガソーラー」稼働

事業内容

木造注文住宅、リフォーム、地建物取引業

ページのトップに戻る