日本木造住宅産業協会

(一社)日本木造住宅産業協会(略称/木住協)は、木造軸組工法住宅等の普及と健全な発展に寄与することを目的とした法人です。

お問い合せ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大
Menu
一覧に戻る

頑張る会員企業訪問記

日本の気候風土には木造住宅

日本には四季があります。また高温多湿です。そんな日本の気候風土に一番合うのは木造軸組工法住宅。
素材である「木」の特性から、調湿性や吸音性に優れ、地球環境や人の健康にもやさしいのが最大の特徴です。
そこで、木住協の機関誌「木芽」に掲載している頑張る会員企業訪問記を紹介します。

群を抜く施工品質で、満足の家づくりを。(株式会社 建設のマルモ)

店舗の内装工事をルーツに、事業拡大を続けてきたマルモホーム。多彩な商業空間を手掛けてきたノウハウと感性をさらに発展させ、平成に入るころには住宅事業に着手した。
以来、「一生のお付き合い」をモットーに実直な家づくりに取り組み続け、地元住宅業界で存在感を示すようになり、
今では多くのお客様の支持を得るに至っている。

現在40代の若手社長のこだわりは、ズバリ“高品質”。かつてゼネコンで修業を積んだ経験から、高品質な住まい、施工品質の向上に徹底してこだわり続け、同規模の工務店ではトップクラスの品質を実現している。
地元を拠点に着々と実績を重ねるマルモホームに、その安定経営の秘訣を聞いた。

高品質の秘訣は“吸引力”

マルモホーム最大の特長は、同規模の工務店の中でも突出した「品質」。優れた品質へのこだわりは創業以来のポリシーであり、例えば、近年ようやく市場に定着した「長期優良住宅」 にも、 制度施行当初からいち早く対応してきた。未だ取得できない工務店のケースも少なくない中、標準仕様での対応をほぼ実現している。

そんな同社の高品質を支える2つのポイントがある。ひとつは、社内の施工ルール・マニュアルの精密さだ。施工方法の詳細なマニュアル作成と徹底履行はもちろん、現場の整理整頓にもとことんこだわり、いつでも美しい現場をキープしている。簡単なようでいて、有言実行の難しいことに思えるが、望月社長はこう語る。

「別に特別なことだとは思っていません。自分のルーツが技術系でしたから、細かいマニュアルに沿って業務にあたることは“当たり前”のこととして捉えています。」

そして、さらに高品質への執着とも呼べる探究心を感じさせるのが2つめのポイント。社内同様のマニュアル化と履行を、社外にも実行させるという点だ。その徹底ぶりは、関係業者に定期的に参加してもらい、大規模ホールを借り切った『業者勉強会』を開催するほどだ。
「雑な仕事をしていては生き残れない。その思いは業者さんにもしっかりと伝えています。」

望月社長が語るように、自社の家づくりに携わる人間には、社内外を問わず一貫したポリシーを貫き協力を仰ぐ、この“吸引力”も同社品質の重要な鍵となっている。

また、高品質の追求は、突き詰めれば顧客満足度の追求にもつながる。そこで、マルモホームでは平成25年に品質マネジメントシステムISO9001を取得。 取得には工事から事務手続きまで厳格なルールとマニュアルの整備、第三者機関による定期検査の実施などを要するが、この認証システムにより、お客様との「言った言わないトラブル」や打合せの際の「意見の行き違い」 などを防止できる。

その結果得られる満足感の積み重ねが確かな業績を築き上げているのである。

こだわりの「現場」で魅せる

品質への自信の表れだろうか。マルモホームは実例公開に積極的だ。月に一度のベースで自社の実例見学会を企画。『感動現場』をスローガンに、完成宅や構造現場など、施主が気になる「リアルな現場」を公開している。家づくりの現場というのは、どうしても雑然としがちで、あまり顧客に公開したがらない企業も多い。

マルモホームはそこを逆手に取り、オリジナルのチェツクシートを用いて他社の現場と自社の現場の違いを訴求している。 同社の考える建築現場の正しい姿を写真入りで解説するこのチェツクシートは、マルモホームへの信頼感をさらに深めるキラーツールとなっている。

また、マルモホームの営業拠点である静岡エリアは、耐震性や構造の信頼性を重んじる施主様が多い。
その点を訴求するために、当然、現場見学会は重要なコンテンツとなってくる。

「このエリアでは高い耐震性は大前提、当たり前とお考えの施主様が多いですが、当社は住宅性能表示制度の耐震等級最高等級3を取得しているので、構造現場でしっかりと安全性を訴求することができます。地元ではまだまだ耐震等級3を取得していないケースもあるようですので、差別化にもつながっています。」
ゆるぎない品質追求の信念は、住まいの盤石な性能へと結びつき、マルモホームの強力な武器として結実している。

幸せを育む家

マルモホームのつくる家には、一貫したコンセプトがある。それは、「家族のコミュニケーションを育む、楽しい暮らしをかなえる家」。

高品質へのこだわりも、このコンセプトを形にするための重要なファクターのひとつだが、設計提案の面でも緻密に考え抜かれたプランによってその実現を目指す。
「例えば静岡などの郊外では、子供部屋は2カ所、各6畳のスペースを割くことが多いのですが、私たちはあえて子供部屋を各4畳半で提案します。

余った面積分リビングにフリースペースを設けたり、ちょっとした共用空間をプラスします。子供部屋より共用部を居心地よくすることで、子供たちが自室にこもる時間が減り、仲良し家族が生まれるという仕掛けです。」

上記はあくまで一例だが、このように一貫したコンセプトのもと、家族のライフスタイルを正確に見据えたプラン提案が、マルモホームの魅力といえる。
「だから当社のつくる家は、お施主様によって様々な個性はあるものの、根本的な部分には同じものが現れてきますね。“空間提案”という基本理念を絶対的な柱に据えたうえで、ご家族ごとのライフスタイルや好みを反映させていくわけです。」
オーダーメイドという注文住宅の魅力は最大限に活かしながら、マルモホームの思想が活かされた住まいは、施主様からの評価も高い。

見果てぬ未来へ

マルモホームの見据える未来。そこには全く新しい住宅営業の可能性がある。来春にオープン予定の新住宅展示場がそのフラッグシップだ。 地域のインテリアメーカーとも連携しつつ、自社の造作家具なども盛り込んだ大規模インテリアショップを併設し、そこで販売する商品の実物が隣のモデルハウスで、生活空間提案の一部となって実際に展示されているというスタイルだ。周辺住民は、最新のインテリア&雑貨ショップに買い物に行くという感覚で、マルモホームの最新鋭モデルルームを体感することになる。そこから、新たな新築・立替需要の掘り起こしや、検討中層の後押しを行うという仕組みだ。

「大手高級住宅メーカーのモデルハウスが揃う総合住宅公園のすぐ脇に出展することで、浮遊顧客の獲得にもつながるよう配慮しています。他社にも負けないデザイン、品質で、当社なら価格的メリットが出ますから、そこでも勝負していきたいですね。」と、望月社長の言葉にも自信がのぞく。
ちなみに、モデルハウスにはマルモホームが今後プッシュしていく予定の木造屋上利用システムや、全館空調システムなども導入される予定。
来春誕生する新たな展示場システムが、今後どう活躍するか、非常に興味深い。

堅実な責任施工で高い品質を維持しながら、斬新なアイデアで新しい仕掛けを生み出し続ける望月社長。
「いずれは『静岡で家を建てるならマルモホーム』と言われるようなハウスメーカーに成長していきたい」と意気込みを語ってくれた。

※協会機関誌「木芽」2014年秋号(Vol.153)より転載

ピカイチ社員

企画・設計 長田 歩 氏

企画・設計 長田 歩氏Q.仕事内容は?
「住まいのプランニングはもちろん、当社の強みでもある長期優良住宅や木材利用ポイントなどの各種申請業務も担当しています。普通は設計と申請業務は分業する場合が多いですが、当社では申請業務も私が担当しています。大変な面もありますが、自分のペースで仕事を進めることができるメリットも感じています。」

Q.仕事でやりがいを感じる場面は?
「狭小敷地など、制約の多い物件の設計で、色々試行錯誤を繰り返して良いプランができたときは、喜びを感じますね。また、社長が立案した商品コンセプトを図面化する作業も担っているので、うまくカタチにできたときはうれしいですね。」

Q.今後の目標は?
「みんなと一緒に地域ナンバーワン工務店を目指していくことが、大きな目標です。マルモホームの家には、品質、設計とも大手メーカーに負けないという自負があり、価格面でもメリットがありますので、自信を持って自分たちの家づくりに取り組み続けていきたいと思っています。」

マルモホームのこだわりPOINT

いっしょに創り、いっしょに幸せ、一生のお付き合い。

社長のひとこと

「マイホームを持つということは大変な作業です。構造やプランといった建物本来のことから、住宅ローン等の資金のことや税金のことまで幅広い知識が要求されます。そんな皆様の安心・安全のために、建物に関することはもちろん、資金相談やマイホームに関するありとあらゆることに最後まで味方になります。」

会社概要

社名

株式会社 建設のマルモ

代表取締役

望月 博司

本社

静岡県静岡市駿河区西島1038-2

電話

(054)283-7052 (代表)

FAX

(054)284-3180

会社沿革

昭和41年

内装を主とした業として創業

昭和54年

業務を一般建築住宅へ広げる

平成11年

現在地の静岡市駿河区に新社屋完成
株式会社 建設のマルモに社名変更

平成21年

大浜モデルハウス開設

平成23年

本社屋上リゾテアガーデン展示場開設

平成25年

ISO9001 品質管理体制取得

平成27年

桃園モデルハウスオープン予定

ページのトップに戻る