日本木造住宅産業協会

(一社)日本木造住宅産業協会(略称/木住協)は、木造軸組工法住宅等の普及と健全な発展に寄与することを目的とした法人です。

お問い合せ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大
Menu

住まいの情報

折々のひとひら一覧

「経・緯…縦糸と横糸とが織り成す」

新聞紙

陰陽、白黒、男女…この世には、相対するものと思しき存在の両者によってこそ、成り立っているものが多い。

内容を見る

「祭…夏は御霊もお里帰り」

紅白模様

「旅」は、戻るところがあるからこそ、出掛ける言葉だけを玄関先に残して始められる。それは、御霊も同じであろう。

内容を見る

「鳥・集・進…鳥は木に集い、鳥は進む方角を示した」

夕焼け

木の上に鳥が集った姿が、まさに、「集」という漢字の成り立ち。「隹(すい)」は、鳥の形を略した形で、鳥の全形を表わした象形が、「鳥」である。

内容を見る

「辰」「龍」…地這う貝の姿・天舞う龍の姿

貝合わせ

たつ年の今年は、「辰」と「龍」の漢字がお目見え。「辰」は、実は、貝の姿から成る象形文字。一・二画目で、貝の甲羅を表わし、三・四画目は、貝の中の肉を、五・六・七画目で、貝の足を表現。

内容を見る

「絆 …自然と人が分かちあっていた古へ」

ワラジ

年末の清水寺の『今年の漢字』では、きっと『絆』が、力強く揮毫されるのではないか。そう思うほど、三月十一日を機に、この漢字は、私たちの目や耳にと、連日、触れることとなった。

内容を見る

「雷 …稲妻の姿は、神の申し文」

雷

電力の見直しを、こういう状況になってからしか出来ないのは、人間の愚かさのひとつなのかも知れない。

内容を見る

「震 …大地の揺れ、貝の動き、人の誕生は同じ」

朝焼け

地震、震災…この「震」の漢字を、ご説明せねばならない日が突然に訪れてしまった日本列島。

内容を見る
ページのトップに戻る